2019.08.25

 8月25日(日)大阪・ホテルグランヴィア大阪にて「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」の一夜明け会見が行われた。
 実績で上回る椿原龍矢との大阪出身対決を接戦の末に勝利し、今大会のスーパーファイトのテーマでもある下克上を達成した蒼士。一夜明け会見では「僕が今狙っているのはKRUSHのバンタム級のベルト。ぜひタイトルマッチに呼んでほしい」と本来の階級であるバンタム級でのKRUSHのタイトルマッチをアピールし、K-1ではスーパー・バンタム級で戦っていくと今後の展望を語った。

「ちょっとボロボロになりながらもテーマ通り“下克上”を果たせてホッとしています。(実績のある椿原に勝って見えてきたものは?)椿原選手はスーパー・バンタム級でもけっこう強い選手とやっていて、僕が今狙っているのはKRUSHのバンタム級のベルトなんで、ぜひタイトルマッチに呼んでほしいなというのが願いです。スーパー・バンタム級も今けっこう盛り上がっていて、その最前線に並べるような選手になりたいんで、またK-1でトーナメントや55kgで戦う機会があればぜひ呼んでほしいです。

(K-1ではスーパー・バンタム級で戦って行きたい?)そうですね。K-1は55kgが一番下の階級なんで『53kgと55kgで戦える身体を作っていく』と前に言ったんですけど、KRUSHではバンタム級、K-1ではスーパー・バンタム級という形で戦っていこうと思ってます。

(大阪で戦ってみた感触は?)地元が大阪ってことで大阪対決って言われてたんですけど、友達や見に来てくれた大阪のみんなの前で無事勝利を挙げれてほっとしています。(ファンの皆さんにメッセージは?)これからも負けずに頑張って行くのでぜひ蒼士を応援してください」

 

選手登録