2019.11.09

 11月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.107」の一夜明け会見が行われた。

 セミファイナルではスーパー・フェザー級トップファイターの朝久泰央とKRUSHデビュー戦を鮮烈なKOで飾った西元也史が対戦。伝統空手出身の西元が直線的な出入りから右のパンチを狙っていくが、朝久は左右にステップを踏みながらカウンターでパンチとヒザ蹴りをヒット。2Rに入ると左右の顔面前蹴りを何度も突き刺し、最後は三日月蹴り一発で西元を悶絶KOに追い込んだ。

 一夜明け会見で「考えなくても自然に攻撃が出るくらい練習しているので、その場に応じてこの技が入るだろうなと自然に身体が反応した」とKOシーンにつながる流れを振り返った朝久。今後も変わらずKRUSHのベルトを目指すと宣言し「僕はK-1よりもKRUSHの方が強いという誇りを持っている」とKRUSHというリングへの矜持と熱い想いを語った。

朝久泰央
「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。おかげさまでKOという良い形で勝つことが出来て嬉しく思います。(相手が伝統派空手出身というのは意識していた?)伝統派空手というのは知っていたので独特なステップがあるんだろうなというのは分かっていたんですけど、僕は攻略というよりは自分の動きに磨きをかけることを意識していたので、特に対策ということもなく自分の動きを貫きました。(左右の前蹴りも)考えなくても自然に攻撃が出るくらい練習しているので、その場に応じてこの技が入るだろうなというのは自然に身体が反応した感じですね。

(次期挑戦者として説得力のある勝ちだったが?)12月にタイトルマッチ(王者レオナ・ペタスvs挑戦者・山本直樹)があるので、その次のタイトルマッチまでは間が空いてしまうと思うんですけど、僕としては戦うことが好きなので強い相手であれば今日でも明日でもいつでも戦えるようにやっています。また次、強い相手でオファーをいただければいつでも受けたいと思います。

(前チャンピオンの西京佑馬や中国のジャオ・チョンヤンあたりとは戦ってみたい?)西京選手も非常に良い選手ですけど、僕は今までのチャンピオンよりも僕の方が強いと思っています。もちろん外国の選手でも構いません。ずっと言おうと思ってたんですけど、よくファンの方からもK-1に出てほしいって言われるのですが、僕はK-1よりもKRUSHの方が強いという誇りを持っています。

 その中でも“KRUSHの朝久泰央”は強いという風に思ってもらいたい。KRUSHよりK-1の方が強いと思って他団体のことを口にしてる選手もいますが、そういう選手より僕の方が強いと思っているので、そういう選手とも戦えたらいいと思います。

(K-1王者よりも“KRUSHの朝久泰央”の方が強いと言われる存在になりたい?)そうですね。この階級ではK-1王者というと武尊選手がずっと勝ち続けて頑張ってるんですけど、いずれ戦う機会があればトーナメントでもワンマッチでもいつでもいいんで戦えたらいいと思います。

(地元・福岡でK-1やKRUSHを開催してほしい?)そうですね。やっぱり地元でやるとなると応援の数とかももっと増えると思うし、九州ももっと熱くなってくると思います。K-Jee選手やRUI選手を筆頭に僕も福岡にK-1 JAPAN GROUPの大会を持って帰れるよう少しでも力になれればと思います。

(兄の裕貴もスーパー・フェザー級に階級を上げることは表明しているが?)普段は兄は温厚そうに見えるんですけど、道場内では僕なんかじゃ相手にならないぐらい強いんで。はっきり言って日本国内で兄の敵になる選手はいないと思ってます。

 いずれは僕も最強を目指しているので兄より強くなりたいとは思うんですけど、まだまだ背中が遠いですね。(最終的には兄が一番のライバル?)そうですね。あんまり言い過ぎると帰ってからのスパーリングが怖いからほどほどに(苦笑)。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日はたくさんの応援ありがとうございました。会場に来られた方はもちろんですけど、会場に来られなかった人でもメッセージをくれたり、今まで僕と戦ってきた戦友からもメッセージをもらってとても気合が入って勝つことが出来ました。これから勝ち続けられるよう頑張るので応援よろしくお願いします」

 

選手登録