2019.11.15

 11月15日(金)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビル12F・マーガレットにて、11月16日(土)大阪・サンエイワーク住吉スポーツセンター(第1体育館)「K-1 KRUSH FIGHT.108」の前日記者会見が行われた。

 第5試合はバンタム級の蒼士vs吉岡ビギン。K-1 JAPAN GROUP参戦以来4勝(1KO)1分と無敗の蒼士に対し、吉岡は今回がKRUSH初参戦。

 会見で吉岡が「ずっとKRUSHのリングに立つことが夢だった」というと、蒼士が「その夢を1戦目からぶっ潰す」と一刀両断。蒼士がKRUSHのリングの厳しさを教えるか? それとも吉岡ビギンが鮮烈なKRUSHデビューを果たすか?

蒼士
「先週面白い試合(バンタム級タイトルマッチ)を見せてもらったのでモチベーションも上がっていて、過去一の状態で来たので自分も楽しみにしています。楽しみにしておいてください。

(吉岡の印象は?)大阪で試合をしているところを見たんですけど、一時期ダンスをしていたのでダンサーになったのかなっていう印象しかなかったです。作戦的には情報が無かったので、いつも通りの練習をしてきて、次はそろそろ倒しに掛かろうかなと思っています。(吉岡は)ここに立つのが夢と言っていたので、その夢を1戦目からぶっ潰そうかなっていう思いしかないです。

(大阪大会について)東京でやるより近くのお客さんやファンの方が来てくれるということもあってモチベーションが上がる場面もあるので、是非この試合を通して僕の名前を覚えてもらえるような試合をしたいです。自分でもビックリするぐらい体調よく減量できたので、ぜひ楽しみにしていてください」

吉岡ビギン
「今回K-1 JAPAN GROUP初参戦で、すごい体調もバッチリなので、明日は一番試合を盛り上げられるように頑張ります。蒼士選手はK-1・KRUSHに出る前から知っていて上手い選手だなっていう印象があります。対策としてはスピードが蒼士選手の武器だと思うので、そのスピードに負けないように頑張っていきたいと思います。

(KRUSH参戦は)初めてなのですごいワクワクと、K-1が好きで幼稚園の時から見ていたので、この舞台に立つことが夢で、やっとこの舞台に立てるなって嬉しく思って、上がるからには一番名前を憶えて頂けるような試合をしたいと思っています。(大阪大会について)地元の大会ということで、地元でこんなスゴい選手がいるんだっていうことを見せて、大阪ごとぶっ壊せるような試合をしたいと思います。

 まだ自分を知らない方の方が多いと思うんですけど、明日は一番盛り上げる試合をするので、この一戦で僕の名前を憶えて頂けたら嬉しく思います」

 

選手登録