2019.11.25

 11月25日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで“K-1冬のビッグマッチ 第1弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の一夜明け会見が行われた。

 佐々木大蔵はスーパーファイトでKRUSHスーパー・ライト級王者の鈴木勇人と対戦。“マッハキック”の異名を取り左ミドルを得意とする鈴木に対し、佐々木はキャリアと戦略を駆使して判定勝利。「鈴木選手が得意としている部分を消せたところが今回の勝因」と佐々木は振り返り、同門の先輩・山崎秀晃が上げた初回KOに「ああいう戦い方をされたら僕は何も言えません」と脱帽した。

「昨日を振り返って、初の横浜アリーナということで横浜アリーナの会場、K-1の花道、そしてご来場頂いたたくさんのお客様の目の前で試合ができたっていうことは自分自身も楽しくすごく気持ちがよかったです。ありがとうございました。

(鈴木の左ミドルにどう対応しようと思った?)あまりそれに対抗しようと思わなかったですけど、鈴木選手はやっぱり左ミドルが強い。何発かもらって腕も少し痛い状況があるので、ミドルに対してローキックで潰していこうっていうのは戦う前から練習で行っていました。それが練習通り試合で出たという部分で、あまり鈴木選手の左ミドルに対してミドルで、という対抗意識はなかったですね。

(同階級で同門の山崎がインパクトを残したが)いやー、ほんとですよ(苦笑)。僕の試合がなかったぐらいで、自分でもそう思うぐらい。僕は秀さんはすごく尊敬する大先輩で、セコンドもいつもついて頂いて、今回初めてだったんじゃないですかね、秀さんと一緒の試合の日が。それでああいう戦い方をされたら僕は何も言えませんね。見習っています(笑)

(改めて鈴木の印象は?)やっぱり僕が想像というか、“鈴木選手はこうだ”っていうみなさんが思う通りの選手というか、やっぱりミドルから組み立てていく選手だろうなっていうのがあったので、実際やってみてもほんとその通りで、今回はハマったっていう感じです。やっぱりあのミドルを、鈴木選手が得意としている部分を消せたところが今回の勝因だったかなと思います」