2020.03.14

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の[K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)]で城戸康裕と対戦するミラン・ペイルスのインタビューを公開!

――今回がK-1初参戦となりますが、K-1にはどんな印象を持っていますか?

「スロバキアを代表してK-1のリングに立てることを誇りに思う」

――ペイルス選手が格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「昔はサッカーや柔道をやっていて、それからキックボクシングを始めた。スポーツは全般的に好きだが、その中でも格闘技は特別な存在だ」

――今の練習環境・状況を教えて下さい。

「スロバキアでも有名で、地元では1番のDiamond gym で練習している。とは言ってもスロバキアはとても小さい国、より質のいい練習をするため、いろんな国に武者修行にも行っている。複数のトレーナーからボクシング技術を始め、様々な事を学んでいる。元K-1王者のチンギス・アラゾフとも練習したことがある」

――これまでどんな国・大会で試合をしてきたのですか?

「今はEnfusionを主戦場にしているが、その他、W5、Kunlun FightやFFCで試合をしたことがある」

――自分のどこをK-1のファンに見てもらいたいですか?

「自分のファイトスタイルは予測不能だと言われている。何が得意技というよりも全てのテクニックに自信を持っている。ファンの皆にはそんな自分の全てを見逃さないで欲しいね」

――ペイルス選手はパンチ主体でかなりアグレッシブなスタイルですが、そこにこだわりはありますか?

「もちろんだ。対戦相手によってファイトスタイルも変化するが、基本的にはアグレッシブに戦うことにこだわっている。得意技はフックとヒザ蹴りだね」

――トーナメント参戦が決まった時の心境を教えてください。

「とても嬉しかったしトーナメントに参戦できることは本当に光栄だ」

――一回戦で対戦する城戸選手の印象は?

「城戸はずっと見ていたし、とても素晴らしい選手だと思う。決して油断できない相手だ」

――城戸選手はK-1MAX時代から活躍しているファイターだが、そういう相手と戦うことをどう思いますか?

「相手が強ければ強いほどモチベーションも上がるし、試合も盛り上がる。彼のような選手と戦えることを嬉しく思う」

――決勝に上がってくると予想している相手もしくは決勝で戦いたい相手は?

「まずは自分自身が決勝まで行かなければいけない。決勝まで進めば、相手が誰であろうと倒してベルトを巻くだけだ」

――トーナメントで優勝して、どんなチャンピオンになりたいか?

「謙虚で皆から慕われるチャンピオンになりたい」

――スーパー・ウェルター級はかつてK-1MAXでも行われてきた伝統の階級ですが、この階級をどんな階級にしていきたいですか?

「この階級は自分にとってもベストな階級だ。自分がどんどん盛り上げていきたい」

――それでは最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「日本のファンの前で戦えることをとても嬉しく思う。皆に楽しんでもらえるような試合をするので期待していてくれ」

 

選手登録