2020.03.19

 3月19日(木)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R]で城戸康裕と対戦するミラン・ペイルスが公開練習を行った。

 ペイルスは東欧の格闘技イベント「W5」で頭角を現し、現在は中量級の強豪選手が集うオランダのプロモーション「Enfusion」を主戦場に戦っている。目まぐるしく構えを変えながらパンチと蹴りを矢継ぎ早に繰り出すアグレッシブなスタイルで、KOシーンもラッシュで沈める展開が多い。

 公開練習ではオーソドックス、サウスポーにスイッチをしながらミドル、ヒザ蹴りの基本動作を確かめるように繰り出していくと、そこからパンチも絡めたコンビネーション、パンチからスイッチしてのミドルなど様々な動きを丁寧にこなし、最後は左右のハイキックを連打してミット打ちを終えた。

「現在のコンディションはとても良い。トーナメントの頂上に達せられるよう頑張りたい。K-1に初参戦することが出来てとても光栄に思っている。参戦することが夢だったので実現できてとても嬉しく思っている」とK-1出場、トーナメント参戦への喜びを語るペイルス。

「小さい頃はサッカーや柔道をやっていたが、次第にボクシングやムエタイに興味を持って格闘技を始めた」とキャリアの始まりを語り、自身のストロングポイントを「持ち味としてはダイナミックかつ力強い戦いが出来ることだ」と評す。

 トーナメントについては「初戦の相手の城戸は非常に経験豊かな選手なので、まず城戸に勝つことを目標にしている。どの選手がどれだけ優れているか言葉にするのは難しい。8人どの選手が頂点に達することが出来てもおかしくない。自分のどこが優れているかというのを試合でみなさんに見せて、出来れば優勝を狙いたい」と、一回戦の城戸戦から難しい戦いになると警戒し、混戦を予想している。

 公開練習でハイアングルのヒザ蹴りなど様々な技を繰り出していたことを記者に聞かれると、「特にそのヒザ蹴りが得意というわけではないが、色々な場面を想定して上下左右に柔軟な戦い方が出来るように練習している。特にどのスタイルというわけではなく、バランスの良い戦い方が出来るように心がけている」と言うペイルス。

 公式プロフィールではオーソドックスになっているが「(左右)どちらが得意というわけでもなく両方出来るように心がけている。左右もそうだが、キックとパンチ、いろいろな技が繰り出せるように、自分のスタイルとしてはコンプレックス(複雑)に色々な技術が絡み合ったスタイルを心がけているんだ」とスイッチワークに上下左右のパンチと蹴り、様々なテクニックを複合させたスタイルを理想に掲げている。

 K-1王者となった後の目標を聞かれても「先のことは優勝してから考えたい」と謙虚なペイルス。最後に「今回スロバキアの代表としてK-1に参戦することが出来てとても嬉しい。みなさんにはスロバキアという国はあまり馴染みがないかもしれないが応援してほしい」と母国・スロバキアへの愛情を滲ませた。

 海外勢の優勝候補として警戒されるペイルスだが、自らが目指すファイトスタイルを体現してトーナメントを席巻するのか?

 

選手登録