2020.03.21

 3月21日(金)都内にて、3月22日(日)「K-1 WORLD GP 2020 IN JAPAN~K'FESTA.3」さいたまスーパーアリーナ大会の前日記者会見が行われた。
 スーパーファイト会見の第2部にはスーパー・バンタム級の玖村将史vs金子晃大、スーパー・フェザー級の村越優汰vsレオナ・ペタス、ウェルター級の野杁正明vsダビド・メヒアの計6選手が登壇した。

 スーパー・バンタム級屈指の実力者にしてスピードスター同士の一戦は、玖村・金子ともに早期KOを宣言。ビッグインパクトを残して王者・武居由樹との対戦実現を見据える。

金子晃大
「明日は僕は別に打ち合いでも蹴り合いでも何でもいいんで。すぐ終わるような試合になると思うんで注目して見ていてください。(対戦相手と向かい合っての心境は?)別に何も感じなかったし、明日やることは倒すことだけなんで注目しといてください」

玖村将史
「いよいよ明日やなって感じで楽しみです。(対戦相手と向かい合っての心境は?)感じるものは別になかったです。(兄とも対策は練った?)そうですね。この試合に向けてやれることは全部やってきました。手応えしかないです。(金子から『すぐ終わる試合になる』と言われたが?)自分も速く終わらせます」

 共に武尊との対戦を熱望している村越とレオナは、この日も両者勝利して武尊戦につなげると意気込む。対戦カードでもレオナの睨みつけを無視した村越だが、この日も顔を向けることさえなく無視を貫き、眼中にないといった様子を見せた。

レオナ・ペタス
「K-1に来てまだそんなに認知されてないんで、明日は村越選手を倒して年内に武尊選手にいきたいなって思ってます。明日はしっかり勝って武尊選手に宣戦布告したいなと思います。(対戦相手と向かい合っての心境は?)やっぱ1階級下のチャンピオンだったんで小さいなって思いましたね。でも身体を活かして戦うタイプじゃないんで、特にそれは気にしてないっすね。心境としてはすごいワクワクしてます。ここからやっと僕がK-1のチャンピオンに挑戦するストーリーが出来ると思うんで、めちゃめちゃワクワクしてて早く明日になってほしいなって思ってますね。(フェイス・トゥ・フェイスを無視されたが?)まあ殺気が足んねえなって思いましたね。(武尊戦を実現させるための意気込みは?)武尊選手も近くにいるんで聞こえてると思うんですけど、この試合に勝つんで待っててくださいって感じですね」

村越優汰
「減量だったりでストレスがすごい溜まっててイライラしてるんで、明日はそれをぶつけます。(対戦相手と向かい合っての心境は?)別に特にないですね。白いなってぐらいです。(レオナから『小さい』と言われたが?)別にそれは小さくても、俺は全然パワーで戦うわけじゃないので全く関係ないですね。(レオナの睨みを無視していたが?)最初に試合が決まった時の会見でも睨まれたんですけど、まあ別に何かむかつく顔してんなってだけですね。(武尊戦を実現させるための意気込みは?)しっかりレベルの差を見せて勝つところを見せれば、もう1回やりたいなって自然と思うかなって思います」

 野杁が対戦するメヒアはヨーロッパだけでなく中国・武林風などでも活躍している強豪だが、野杁は完勝して同日に行われるウェルター級タイトルマッチの次期挑戦者として地位を確立させると力強く語った。

ダビド・メヒア
「この場にいることをとても嬉しく思っている。明日に向けて準備はこれまでで最高で明日がとても楽しみだ。(対戦相手と向かい合っての心境は?)野杁の試合を見てとても強い選手だというのは分かっている。だが私も彼の上を行くための練習を積んできて、明日はリングで素晴らしい試合を見せたい。そしてウェルター級でどんどん活躍していきたい。(計量時のショーツがドラゴンボールだったが好きなのか?)とても好きだし、明日に備えて力をもらったと思ってます。やっぱり悟空は最高だね!」

野杁正明
「明日ウェルター級のタイトルマッチが組まれていて、次の挑戦者は野杁正明だろうと言われるような試合内容や結果が求められると思うんで、しっかり明日は良い勝ち方をして次の挑戦者に選ばれたいなと思います。(対戦相手と向かい合っての心境は?)今回はフェイス・トゥ・フェイスがあって、向かい合って相手の目を見た時に自信がありそうな顔をしてました。上手く調整してきたんじゃないのかなという印象がありました。自分の状態は特にいつもと変わらずって感じですね」

 

選手登録