2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 当初は海外遠征が予定されていたが、世界情勢の影響もあり「K'FESTA.3」への参戦となった野杁正明。前回のハッサン・トイと同じくヨーロッパと中国・武林風を主戦場にするダビド・メヒアを相手に貫録の強さを見せ判定勝ちしたが、絶対条件としていたKO勝利を挙げることが出来ず試合後に笑顔はなかった。

 野杁は「昨日の試合は最低限の仕事しかしてなくて、反省点しかない試合内容でした(苦笑)」と改めて試合内容に納得が行っていない様子。試合前は「この試合で次期挑戦者としての地位を固める」と発言していたが「今の僕の立場では発言権はない」とベルト挑戦へ向けて出直す必要があると語った。

「昨日の試合は最低限の仕事しかしてなくて、KOも出来なかったですし、本来の自分の動きが出来なかったので反省点しかない試合内容でした(苦笑)。(対戦相手の印象と最低限の仕事しか出来なかったという理由は?)メヒアの印象は、前回やったハッサン・トイの方が全然強かったですし、良い選手でしたけどトップではなかったかなって思いました。最低限の仕事しか出来なかったってのはKOすることしか考えてなかったんで、それが出来なかったことは本当に駄目だったとこかなと思いますね。

(2戦連続でウェルター級の海外勢をKO出来なかった要因は?)別にパワーが負けてたとかフィジカルが負けてたかって言えばそうは思わなかったですし、もっと考えて普段からやらないといけないなって改めて思いました。(戦いの幅を広げる必要がある?)まあ色々ですね。(ウェルター級、スーパー・ウェルター級も色々と動きがあった中で、今後の展望はどんなふうに考えている?)僕はウェルター級のベルトしか狙ってないんで、久保優太選手と組まれればやりたいなと思いますし、まだ早いって言われれば一戦一戦クリアしていくだけですね。

(次期挑戦者の地位を確立させるにはジョーダン・ピケオーや木村"フィリップ"ミノルに勝つことで注目を集めるのでは?)まあやれって言われればやるしかないっすね。今の僕の立場では発言権はないと思うんで。この選手に勝ったら挑戦させてあげるよって言われれば、その試合を飲むかしかない。今の僕の立場ではどうこう言えないっすね」

 

選手登録