2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 朝久泰央はスーパーファイトでK-1ライト級王者の林健太と対戦。当初、林は中国のジュー・シュアイと対戦予定だったが、シュアイからキム・フォークに相手が変更。そのキムも大会直前で来日不可能となり、急遽、朝久にチャンスが舞い込んだ。

 結果は朝久が2Rに飛び二段蹴りでダウンを奪って、判定3-0で1階級上のK-1王者・林を撃破。大番狂わせを起こした朝久は「K-1チャンピオンだからというよりも、林選手だからこその驚異的な強さだった」と相手を讃えた。

 そして、7月に地元福岡で開催されるK-1について「僕は地元だからというよりも、強い相手とならいつでもどこでもやりたい」とコメントした。

「昨日は急遽参戦という形だったんですけど、参戦するにあたって、ずっと動いてくださったK-1のスタッフのみなさんや、ファンやアンチの方もいると思うんですけど、その人たちみんなにありがとうという気持ちを伝えたいです。試合としてはとても楽しかったです。

(相手の印象、試合の感想は?)いままで戦ってきた選手とはケタ違いのパンチ力で、やっぱり背負ってるものを感じたし、K-1チャンピオンは強いなと思って。まあ、K-1チャンピオンだからというよりも、林選手だからこその驚異的な強さだったと思いましたね。

(4日前のオファーを受けての試合の感想は?)動きとしては4日前でも全然問題なかったんですけど、やっぱり林チャンピオン、強いなっていうそれだけですね。

(これで一気にK-1ライト級のコンテンダーになると思うが、ベルトに挑戦したい気持ちは?)まだ、僕はライト級でキャリアを積んでるわけでもないですし、すぐに再戦っていうのも、林チャンピオンの状況もあると思います。さっき、レオナ・ペタス選手がKrushじゃ相手いないって言ったと思うんですけど、公でああいうふうに言って、実際裏じゃ、いろいろ理由つけて逃げてばっかりいると思うんで(苦笑)。まあ、階級については道場の館長とか、いろいろ話していこうと思います。

(レオナに辛辣だが、やはり2回負けてる相手にリベンジしたい?)そうですね。僕はずっと成長していると思っていて。レオナ選手は過去の勝利に縛られて、それでいつまでも引きずってんのかなって感じです。60kgのほかの選手も、朝久とやってもいいとか、朝久とやりたいとか言いつつも、試合直前になったらナシになったりとか。そういう感じもあったりなので。戦いにもなってないんじゃないかなっていうのが、自分の考えですね。

(林戦の勝利をレオナ選手に突きつけたい?)純粋に林選手と戦うために、僕は今回のオファーを受けて。石の拳とか言われてますけど、自分の目のケガを見てもらってわかるように、林選手のパンチは隕石のような感じで。まあ、隕石に打たれたことないんでわからないんですけど(笑)、それくらい強くて、とてもたくさん学ばせていただきましたね。

(当然、K-1福岡に出場したいと思うが、どんなことをやってみたい?)地元でたくさん応援してくれる人もいると思うんですけど、僕は地元だからというよりも、強い相手とならいつでもどこでもやりたいと思うので。明日に試合したいと言っても、このケガなんでできないですけど(笑)、強い相手と戦いたいですね。

(今回の中村プロデューサーへの愛のある貢ぎ物は?)オロナミンCを買ってきてたんですけど、前日会見のときは選手がいっぱいいたし、いまの一夜明け会見も隣にいるかなと思ったら、自分一人だったんで。あとで会う機会があれば渡したいと思います(笑)」

 

選手登録