2020.04.03

 4月3日(金)都内にて、4月4日(土)新宿FACEで開催される「KHAOS.10」の前日会見が行われた。

 前回の「KHAOS.9」に続き、K-1選抜とAbemaTV「格闘代理戦争」卒業生による“7対7 全面対抗戦”が行われる今大会。先鋒戦では鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス/久保ファミリー)と山脇飛翼(K-1ジム心斎橋チームレパード) が対戦する。

 久保ファミリーで活躍し“大口叩き野郎”と呼ばれていた鵜澤に対し、山脇はK-1甲子園2019 -55kgの優勝者。互いにデビュー戦での対戦となり、大会第1試合からの盛り上がりに意欲を見せた。

鵜澤悠也
「久しぶりにダイエットを頑張ったのでお水がおいしいなっていう感じでしたね。(相手の印象は)特に前と変わらないので細長いなっていう感じですね。そのぐらいです。

 僕は1発目の試合なので、この状況の中、AbemaTVで放送して頂けるということなので、1発目からしっかり盛り上がるように判定じゃなくKOで始められたらと思います。明日は普通にぶっ倒してやろうかなと思っているので、特にないですね。しっかり1試合目から着火するのでみなさん楽しみにしていてください」

山脇飛翼
「減量はあんまりシンドくなかったので、とりあえずこの状況の中で試合ができることにめっちゃ感謝しています。ありがとうございます。(相手の印象は?)僕よりめっちゃ黒いです。(理想の勝ち方は?)自分らしく戦えば勝手に相手が倒れると思うので楽しみにしていてください。

(デビュー戦を迎える心境)1回怪我で流れちゃったんですけど、デビュー戦で今めっちゃワクワクして早く試合がしたいです。明日は画面越しでみんなの応援待ってます。あと明日は僕が絶対勝つので名前を覚えて帰ってください」