2020.10.28

 10月28日(水)都内にて記者会見が行われ、12月13日(日)東京・両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の第2弾対戦カードが発表された。

 スーパー・ライト級のスーパー・ファイトとして不可思と鈴木勇人の一戦が決定した。不可思は今年3月22日の「K'FESTA.3」で安保瑠輝也の持つスーパー・ライト級王座に挑戦するも、1Rにダウンを奪われ王座奪取ならず。再起戦となった9月22日のK-1大阪大会でも平山迅に敗れ、現在2連敗中と苦しい状況に追い込まれている。
 
 一方の鈴木は昨年11月のK-1横浜大会で佐々木大蔵に判定で敗れ、2020年2月のKrush後楽園大会では自身が保持するKrushスーパー・ライト級王座をかけたリマッチに臨むも、またも佐々木に敗れて王座陥落。しかし、再起戦となった7月のKrushのFUMIYA戦、そして10月Krushの松本篤人戦と二試合連続KO勝利を収めた。

 中村拓己K-1プロデューサーはこの試合について「不可思選手はK-1デビューの場所で復活を賭けて戦うことになる。鈴木選手はいま調子を上げている中でのK-1再登場。あとがない不可思選手と上り調子の鈴木選手、そういった図式の一戦になる」とコメント。

 鈴木が「ここで勝つと負けるとでは今後の格闘技人生が大きく変わってくると思う、何が何でも勝つ」と必勝を誓えば、不可思は「前回の試合のおかげで、どうすれば一番自分がいい試合を見せられるか、ハッキリとわかった。次は必ず強い姿を見せるっていう自信がある」と連敗脱出に向けて、強い意気込みを見せた。

鈴木勇人
「このようなチャンスをいただいたことに、素直にうれしく思っています。ここで勝つと負けるとでは今後の格闘技人生が大きく変わってくると思うので、何が何でも勝ちます。(対戦相手の印象は?)不可思選手がK-1に来る前、他団体にいるときから映像でちょこょこ観ていて、すごい強い選手だなと思っていました。打たれ強くて、身体が丈夫で、ガンガン前に出てきて、ガンガンパンチを打ってくる選手だなって。あと、気持ちがすごい強い選手だなと思っています。

(不可思選手がK-1に来る前と、来たあとで印象は変わった?)それはあんまり変わってないです。まあ、映像と実際に戦うのは全然違うと思うので。参考にはなりますけど、向かい合ってみないとわからないと思っています。他団体にいるときとK-1にいるときでは、あんまり印象は変わってないですね。

(前回の松本篤人戦は激闘となったが、その試合を経て何か得たものは?)前回の試合は松本選手がすごいやりづらくて、自分の武器である左ミドルをなかなか蹴らせてもらえなかったです。いままでとはいろいろ違った展開で、自分も初めてのことがいろいろと経験できて、そういう意味では勉強になった一戦でした」

不可思
「年内に絶対にもう一試合やりたかったので、試合を組んでもらって本当にうれしいですし、鈴木選手という相手を用意してもらえて本当に感謝してます。(対戦相手の印象は?)一番は左ミドルが強い選手ってイメージです。K-1の中では、あまり蹴りっていうタイプの選手は少ないと思うので。

(K-1に参戦して、どこが変わった?)やっぱり、K-1ルールに適用しようとして、いろいろ試行錯誤してきました。前回の試合も自分としてはK-1に合ったスタイルができあがったかなと思ったんですけど、うまくいかなくてっていう感じで。(K-1参戦後に)だいぶ自分としては戦い方を変えているというか、変化は大きいなって感じてます。

(K-1ルールにまだ対応できてないのを踏まえて、いまはどういった練習を?)このあいだの試合に向けて、いろいろ新しくやってみて、すごくいい形ができたと思ったんですけど、それが試合では全然ハマらなくて。練習で手応えがあったぶん、前回の試合はショックで(苦笑)。でも今は前回のああいう試合があったおかげで、どうすれば一番自分がいい試合を見せられるか、ハッキリとわかりました。今自分がどうすればいいかはハッキリ見えたんで、次の試合では必ず強い姿を見せる自信があります」

 

選手登録