2020.11.28

 11月28日(土)都内にて、昨日後楽園ホールで開催された「Krush.119」の一夜明け会見が行なわれた。

 前回の試合となった7.11「Krush.114」でTETSUに判定負けを喫していた提髪和希は、今大会では目黒翔大とKrushスーパー・フェザー級ワンマッチで対戦。1R終盤にヒザ蹴りで目黒にダメージを与えたものの、その後は倒しきれずに判定勝利となった。

 この内容には提髪本人も、「昨日はつまんない試合しちゃったなって感じで、負けたより悔しいっす」とがっくりした様子。「1R終わりで膝効かせて、2Rで倒せるかなと思ったんですけど、そっから泥試合みたいになっちゃって申し訳ないです」と反省することしきりだった。

 今年1年は2勝1敗(1KO)とまずまずの成績だったものの、「前回負けて、今回も微妙な感じで終わっちゃったんで悔しい1年だったです」と不満たっぷり。「格闘家なんでチャンピオン目指してやっていきます。次は絶対おもしろい試合するので、これからもよろしくお願いします」と、2021年の飛躍を誓っていた。

提髪和希
「昨日はつまんない試合しちゃったなって感じで、負けたより悔しいっす。(昨日の試合を振り返っての感想は?)サウスポー苦手なんで、最初にパンチもらうかなと思って、もらった時はそんなに焦ってなくて。でも、1R終わりで膝を効かせて、2Rで倒せるかなと思ったんですけど、そっから泥試合みたいになっちゃって申し訳ないです。

(勝因はどのように考えている?)3Rで最後に前に出られたのは成長できたのかなと思います。そこで勝てたのかなと思います。(今後の目標は?)格闘家なんでチャンピオン目指してやっていきます。(1年振り返ってみて、ファイターとしてどんな1年だった?)こんな状況なのに試合も組んでくださって、今まで通り試合できたんですけど、前回負けて、今回も微妙な感じで終わっちゃったんで悔しい1年だったです。

(ファンの皆様へのメッセージは?)昨日はつまんない試合してすいません。次は絶対に面白い試合をするので、これからもよろしくお願いします」

 

選手登録