2021.01.24

 1月24日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.121」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第1試合でKrush初参戦の國枝悠太を迎え撃った龍斗。フェザー級に階級を上げての初戦でもある一戦だったが、龍斗は1Rからカーフキック(膝より下を蹴るローキック)を効果的に使い、延長Rに左ハイキックでダウンを奪って勝利を収めた。

 一夜明け会見で龍斗は「階級を上げて動きやすかった」とフェザー級での試合に手応えを感じ「王座決定トーナメントに出た選手を一人一人潰していけば自然とタイトルにつながると思う。蹴った足ぐらいしか痛いところはないので。すぐに練習を再開します」とフェザー級での飛躍を宣言した。

龍斗
「昨日は大変な時期ですが、たくさんの応援ありがとうございました。(試合を振り返って)國枝選手の試合は動画で見ていて、SNS上で色々あったり、計量でも挑発されのたで、もっと来るのかなと思っていました。色々あった割にはそんなに……という印象です。(階級を上げて)スーパー・バンタム級は減量がすごくきつかったので、階級を上げて動きやすかったです。

(カーフキックについては?)佐々木洵樹選手とやった時も蹴っていたのですが、特に練習はしてなかったです。僕は思い付きで技ができるタイプで、今まで試合中にやってみようと思った技を使うこともありました。今回も最初はローを蹴ろうと思っていたのですが、カーフキックが入りそうだったので、カーフキックでいったという感じです。実際相手の足も流れていたし、見た印象でも効いたなと思いました。

(今後の目標は?)去年フェザー級の王座決定トーナメントでチャンピオンが決まって、僕はまだ階級を上げたばかりですが、(トーナメントの選手を)一人一人潰していけば自然とタイトルにつながると思います。年始一発目で良いスタートが出来たので、この調子で龍斗という名前を上げていきたいです。今は蹴った足ぐらいしか痛いところはないので。すぐに練習を再開して、いい試合・KOできる試合ができるように頑張ります」

 

選手登録