2021.03.04

 3月4日(木)K-1ジム目黒にて、3月21日(日)東京ガーデンシアターで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.1~」の[スーパーファイト/-75kg契約/3分3R・延長1R]でジュリオ・セザール・モリと対戦する神保克哉が公開練習を行った。

 この日、神保が公開したのはミット打ちなどではなく、ウェイトトレーニング。バーベルのシャフトに片側だけウェイトをつけ、腕を斜め上に突き出す要領で上げる運動を左右、さらに振り返るような形で左右それぞれ行った。

 今回、神保が出場する試合は-75kg契約。これまでのスーパー・ウェルター級から5kg重い契約体重となる。それを見据えた「公開トレーニング」の意図を、神保はこう語った。

「今までは『体重が増えちゃうんじゃないか』って気にしちゃって、ウェイトトレーニングもあまり重いものは持てなかったんですよ。さっきは軽めのでやったんですけど、いつもはもっと重いので何回もできていて、その分パワーがついてると思うので、倒せる自信があります。そのアピールも兼ねてウェイトトレーニングをやりました」

 75kgはほぼナチュラルウェイトということで、減量から解放されたと神保は言う。

「減量がない分、練習にメチャクチャ本気を出せるんで、相当仕上がってます。今までは頭の中で減量のことばっかり気にしていて、練習してても『この練習でどれだけ落ちたんだろう』とか思って、本気が出せてなかったんです。今までは計量でパスしたら満足してたんですよ。

 自分、器用そうに見えても実は不器用で、減量と試合、両方を一度にやるということができなくて。体重を気にする必要がなくなったので、気持ち的にもかなり余裕ができました。解放された感じで、やりたい放題です。『これが自分』っていうのを見せられると思います」

 減量から解放され、ウェイトトレーニングも全開で行えている神保は、自らのパワーに手応えを感じているという。

「今までは減量してた分、力が発揮できなかったんですけど、今回はナチュラルで試合できるんで、いつも通りの自分が試合でも見せられるかなと思ってます」

 相手のジュリオ・セザール・モリについては「公開練習を見たら『ガンガン前に行く』って言ってたんですけど、スタミナがもつかなって感じですね。スタミナ的には俺の方が絶対上なんで。自分よりひと回り以上も年上で、“オヤジ世代”という感じなんで、オヤジ狩りします!」

 最終的には「K-1なんで、倒して勝ちます」とKO宣言。「今回は自分の中で『どう勝つか』じゃなくて、『どう倒すか』が目標なので、見ててください」と言い切る。フィニッシュについては「いろんな倒し方があるので、どう倒すかは試合当日に決めたいと思います」と語った。

 今回の試合をきっかけに「75kg級」が創設され、その中心人物になることを目論む神保としては、この初戦は重要だ。「やっぱりKOで勝たないとインパクトを残せないと思うので、絶対KOで勝って、そのまま新階級創設に向けて突っ走っていきたいです」

 また21日の「Day.1」で勝ったら28日の「Day.2」にも連続出場することをブチ上げてもいるが、「全然オファーが来ないんすよ、まだ。大丈夫かなあと思ってるんですけど、2試合全然やるし、80kgでも全然やるんで、オファーお待ちしてます!」とアピール。

「イヤでも新階級を創設せざるを得ないような試合をするので、3・21オヤジ狩りに期待してください。夜露死苦!」と締めた神保。100%の力を出して豪快KOなるか!?

 

選手登録