2021.03.05

 3月28日(日)東京・日本武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K'FESTA.4 Day.2~」の[スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]で鷹大と対戦する玖村修平のインタビューを公開!

――昨年11月の第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントでは準決勝敗退という結果に終わってしまいました。まずトーナメントを振り返っていただけますか?

「この1年間はトーナメントに向けて技術的な練習をしてたんですけど、新美選手が打たれ強くて前に出てくるタイプで、そこ(技術)を潰されてしまったな、と。僕の中途半端な気持ちの強さで打ち合いに出てしまって、向こうの得意な場面で戦ってしまいました。今はそういう場面でも負けないようにフィジカルやスパーリングの数も増やして、身体を強くしているところです」

――トーナメント以降は弱点克服のための練習を続けていましたか?

「自分の弱さが出たトーナメントだったと思うので、その弱さを克服することプラスずっと継続してやっていることもあるので、進化した姿を見せられると思います」

――当初対戦予定だった才賀選手が欠場となり、対戦相手が鷹大選手に変更となりました。

「才賀選手が欠場になって残念な気持ちはありますが、今回勝って次のタイミングで才賀選手と戦って倒したいと思います。鷹大選手はムエタイベースでバランスが良くパンチが強い印象です」

――2月のKrush後楽園大会では新美貴士vs斗麗、3月21日の「K'FESTA,4 Day.1」では江川優生vs椿原龍矢とフェザー級でK-1・Krushのタイトルマッチが行われます。同じ階級のファイターとして意識はしていますか?

「Krushのタイトルマッチは僕がトーナメントで負けた新美選手の防衛戦で、挑戦者もトーナメントは欠場したけど優勝候補と言われていた斗麗選手だったので意識していました。個人的にトーナメントの新美戦は、結果は負けでしたけど、僕は延長だと思っていたし、正直負けたと思っていないです。だから新美選手にはやり返したいです。もちろんK-1のタイトルマッチも意識しています」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「対戦相手は変わってしまいましたが、今の自分は一人一人用意された相手を倒して行かないといけないので、今回しっかり倒して『K'FESTA.4』を盛り上げます。そしてフェザー級のトップ戦線に食い込んでいきます」

 

選手登録