2021.10.28

 10月28日(木)都内にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪で開催される「K-1 WORLD GP 2021」の第3弾対戦カード発表記者会見が行われた。

 K-1ウェルター級のスーパーファイトとして安保瑠輝也と海斗の一戦が決定した。安保は9月20日、K-1横浜アリーナ大会の第2代K-1ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦で野杁正明に敗れて以来の再起戦。会見に出席した中村拓己K-1プロデューサーによれば「安保選手はワンデートーナメントで一日3試合戦ったので、当初、期間を空けて試合オファーを考えていた」が、安保自身から大阪大会に出場したいと要望があり、今大会への出場が決まった。

 対する海斗は超攻撃的なファイトスタイルが持ち味で、3月のK-1日本武道館大会で寧仁太・アリで敗れて以来の試合となる。両者は1月に予定されていたK-1代々木大会で対戦を予定していたが、大会が延期。安保も拳の怪我で欠場となり実現しなかったこともあり、今回仕切り直しの一戦となった。

 再起戦が決まった安保は「正直、個人的にはこの相手とやる意味を感じていません。ただ、野杁選手と自分の差はウェルター級での経験値の差だけ。それをいち早く埋めるために、自分の経験を積む試合としてこの試合を受けました」と野杁へのリベンジに向けてウェルター級での試合経験を重ねることが試合出場を決めた理由だと説明する。

 一方の海斗は「安保選手が出ていたトーナメントを悔しい想いをしながら見ていました。今年最後の試合なのでやってやろうと思います。今3連敗していて後がないので、思いっきりいきます」と挨拶。その後も野杁へのリベンジを口にする安保に対し「野杁、野杁…と野杁選手しか見てないみたいなので痛い目を見させて分からしてやる」と通告した。

 安保がトーナメントの負けを払拭する勝利をつかむか? それとも海斗が宣言通り安保を「痛い目」にあわせるか?

安保瑠輝也
「怪我からの復帰ですし、K-1の下半期の大会には全大会出ると言っていて、それが達成できることに感謝し、嬉しく思います。大阪大会では当初、僕がやりたい選手がいたのですが、その選手はケガでできいということで海斗選手になりました。正直、個人的にはやる意味を感じていません。ただ、この前、決勝戦で野杁選手に負けて、野杁選手との差はウェルター級での経験値の差。それをいち早く埋めるために、自分の経験を積む試合としてこの試合を受けました。倒すのみです。

(9月の試合を終えて今大会にアピールした理由は?)1日3試合を経験してアバラの骨が折れたり、右耳を負傷したのですが、思ったよりも回復が早く、野杁選手との差を埋めるためにいち早く経験を積んで早く試合をしたいなと。試合間隔が空くと、戻すのに時間がかかる。野杁選手はチャンピオンになって今から休みに入ると思うのですが、俺はその間も練習して試合経験も重ねて、今はチャンピオンの野杁選手しか見てないのでそこの差を埋めるためにも試合を重ねていきたく、その想いで出場することを決めました。

(トーナメントで得たこと)Krushのチャンピオンの松岡力選手にKOで勝ったり、ウェルター級で自分が通用するなと。チャンピオンになれるなと思っていて、野杁選手ともやって自分的にも手応えがあった部分がありました。試合後、彼は何かのインタビューで『10回やって10回俺が勝つ』と言ってましたが、俺は全然そう思わないし、次やったら勝てると思ってます。1R終わった時の彼の表情を明確に覚えています。負けてしまいましたが、次にぶっ倒すために試合を重ねていくという気持ちです。

(相手の印象は)1R目はまあまあ強いけど、2R目からめちゃ弱いやつ。(大阪でどういう試合をしたいか?)今のところ、負けを含めて、5試合連続でKO決着中なので普通に倒します。(ド突き合う試合になるか?)盛り上げるのは凄く大事ですが、とにかく一番大事なのは勝つこと。海斗選手の1R目は認めている部分はあるし、あえて相手に付き合う必要はないのかなと。今作戦を立てていて、別に海斗選手のことはなめてるわけではなく、練習からすでに対策を立ててやっているので、作戦は言いませんが、楽しみにしてもらえればと思います」

海斗
「この間、安保選手が出ていたトーナメントを悔しい想いをしながら見ていて、今年最後の試合なのでやってやろうと思います。今3連敗していて後がないので、思いっきりいきます。(試合間隔が空いた期間はどういう練習をしてきたか)今、地元・滋賀県に帰ってLEGENDジムで練習をやり直していて、今はいい感じです。さっきから(安保が)野杁、野杁…と野杁選手しか見てないみたいなので痛い目を見させて分からしてやろうと思います。

(トーナメントの感想を)野杁選手はホンマに凄いなと。あそこに出ていた選手はみんな強かったので、僕ももっと練習して次に呼ばれるようにという気持ちしかなかったです。(相手の印象は)この階級やのに動きも速くて華もあって有名で、今回僕は負ける要素は多いのですが、地元関西でいっぱい応援に来てくれると思います。手足も長いなと思います。

(大阪でどういう試合をしたいか)倒します。リングに寝てもらいます。(ド突き合う試合になるか)自分は毎試合そういうつもりでやっています」

 

選手登録