2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日のK-1フェザー級タイトルマッチでは王者・椿原龍矢と挑戦者・軍司泰斗が対戦。アマチュアで1勝1敗・プロで1勝1敗の両者がK-1のベルトをかけた決着戦に臨んだ試合は延長までもつれる接戦となり、延長判定2-1で軍司が勝利し、第5代フェザー級王座に就いた。

 軍司はK-1アマチュア優勝、K-1甲子園優勝、Krushバンタム級王座を経てK-1王座を獲得。K-1 JAPAN GROUPが敷くピラミッドを一歩ずつ登り頂点に立った初めての選手となり、ここまでの道のりを「やっとここまで来れた」と安堵の表情で振り返る。

 試合に関してはボディパンチの距離に入れないことを見越して用意してきた三日月蹴りがキーポイントになったことを昨夜に続けて明かし、「チャンピオンらしい試合をして、KO決着にこだわって、今後試合をやっていきたい」と自身が目指す王者像についても語った。

軍司泰斗
「昨日の試合は椿原選手も戦い方を変えて、チャンピオンらしい戦い方で臨んでくれた感じだったので、試合中は楽しかったです。(改めてベルトを巻いた心境は?)やっとここまで来れたかなと実感しています。(試合を振り返って)最初から僕の武器であるボディは狙おうと思っていて、その距離に簡単に入れないのはやる前から分かっていて。そこでどうやって入るかを考えた時に、三日月蹴りで入った方が入りやすいなと思って、そこがキーポイントになったかなっていうのは感じました。(効いた攻撃は?)僕はパンチが得意で、ボディも得意なのでそういうところで効いてたのは分かりました。でもそこで倒せなかったのは今後の課題だと感じました。

(これからフェザー級をどうしたい?)フェザー級は選手層も厚い階級だと思っていて、強い選手もいっぱいいますし、これから階級を上げてくる強い選手もいっぱいいると思います。僕は相手によって戦い方も変えられると思うので、しっかりそこでチャンピオンらしい試合をして、KO決着にこだわって、今後試合をやっていきたいなと思います。(理想のチャンピオン像は?)歴代のK-1のチャンピオンたちはスゴい試合をして、KO決着が多いと思うので、しっかりそこに並べるように、それを超えるような試合をするために、どんどんKOを狙って試合をしていきたいなと思ってます。(2022年の目標は?)今年最後の試合でチャンピオンになれて、来年にいい弾みをつけられたと思ってるので、どんどん強い選手とやって、1人ずつぶっ倒していこうかなと思ってます。

(ここまでの道のりは長かった?)僕は16歳でデビューして、今年が23歳になる年なので、長いようで短かったかなと。僕は早い段階=19歳ぐらいでKrushのチャンピオンになって、そこからだいぶ時間が空いたので、そういう部分ではちょっと長かったかなっていうのは感じました。(K-1王者になれた要因は?)一番は階級を上げたことかなというのは感じました。当日の動きもそうですし、一番はやっぱり集中力がすごく上がったなっていうのは感じました。(スーパー・バンタム級にこだわったのは)負けた選手もいたので、その選手ともやりたかったので、それでずっと下の階級でやっていたっていう感じです」

 

選手登録