2022.01.23

 2月27日(日)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で西元也史と対戦する芦澤竜誠のインタビューを公開!

――2022年の初戦が決まった心境を教えてください。

「12月に試合があるかもって話だったんで、そのために9月の卜部弘嵩戦が終わってから飛ばして練習していたのでやっと決まったなって感じです。カード発表の時点で体力的にも問題ないし、できることもどんどん増えてきているので、誰が試合を楽しみにしているかって言ったら俺が一番楽しみにしているんで。だから今回は俺のお披露目会、また1個・2個上のレベルに行った感じなので早く試合がしたいです」

――結果的に9月以来の試合にはなりましたが、強くなっている自分を感じていると。

「はい。どんどん強くなっているのを実感しています。本当に“シン・芦澤竜誠”なんで。もう完全に化けてますよ」

――そんな中でも対戦相手の西元選手については会見で『認めている』という言葉もありました。

「俺の相手にふさわしいじゃないですか、12勝12KOのKOマシーンは。でも俺も失神したり、完全に倒されたことはないから『できんのかな? できないでしょ』としか思わないです。俺に(パンチは)当たらないでしょって思います。でも西元選手は絶対倒しに来るじゃないですか。だから面白いんですよ。俺も久しぶりにノーガードとかやっちゃおうかなって。俺はそういう危険な戦いが好きだし、危ないことをやりたくなちゃうんですよ。まぁ、でも今回は殴り合いじゃなくて一方的な展開っすね。前回の卜部戦でもありましたけど、コーナーに追い詰めたらもう今回は串刺し・蜂の巣にして、確実に終わらせられます」

――かなりの自信ですね。

「今はいろんなことが理解できてきているので、試合用の8オンスで思いっきりやったら、俺がどこまでできるのか。俺が今やってることが試合でできたら、前の試合なんかを比べものにならないと思うので、俺は面白い試合をしますよ」

――心身ともに充実しているようですね。

「最近遊びに行かなくなったんです……いや、遊びには行くんですけど、途中で『俺、明日練習だから帰るわ』って帰っちゃいます。みんなと遊びたいからと言って、生活習慣が1つでも崩れると、次の日からの練習が全部キツい(苦笑)。今メチャクチャいい感じで練習できているから、それを崩したくないんです。そういう毎日を過ごしているから、めちゃくちゃモチベーションも上がっている状態です」

――それではシン・芦澤竜誠のお披露目会へ向け、ファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「本当に俺は今、毎日毎日、自分の体に火薬を詰めてるんで。2月27日、みんなにドデカい花火を、K-1にドデカい花火をぶち上げるから楽しみにしていてください。ピース!」

 

選手登録