2022.01.27

 1月27日(木)都内にて、開催を明日に控える「Krush.133」後楽園ホール大会の公開計量と前日記者会見が行なわれた。

 明日の大会の目玉である第10代Krushスーパー・フェザー級王座決定トーナメントに出場する中島千博、友尊、山本直樹、横山朋哉の4人は揃って計量をパス。公開調印式と記者会見に臨んだ。

 準決勝の第1試合は一回戦でSATORU成合にKO勝利を収めた中島と、一回戦は佐野天馬のドクターストップによる不戦勝となった友尊の激突。会見に同席したKrush EVANGELISTの石川直生さんから、「中島選手の蹴りvs友尊のパンチという図式を超えた、期待を超えたような試合になってくれることを楽しみにしています」と期待を寄せられる、ファイトスタイルが対照的な選手同士による好カードだ。

 中島は空手出身で蹴りが持ち味。石川さんからも「ボクシングのボディワークではなく、空手とPOWER OF DREAMの独特のボディワークからのパンチでダウンを奪っていたのが凄く印象的でした」と評される独特のファイトスタイルでベルトを狙う。

「明日はこの4選手の誰かがチャンピオンになると思うんですけど、みんな凄いしっかり練習してきて、今まで以上に全員が一番強いと思うので、その試合の中で誰が一番強いかを見ていただけたらと思います」とコメントした中島。トーナメントは予想外のことが起きがちだが、「何があってもどんな場面でもそれに臨機応変に対応出来るようにということを意識してやってきました」と、対応力を磨いて勝負に出る。

 一方の友尊は、石川さんが「他の選手の試合を見た上で自分が優勝出来ることを確信したという頼もしい発言があるんですけど、それだけ今の練習環境が充実しているんだなということに期待をもたせてくれます」と語る通り、本人も自信に満ちた態度で「ありきたりですけど、優勝します」とキッパリと優勝宣言だ。

「4人とも凄え(トーナメントに)かけてて、モチベーションも凄く高くて仕上がってるようなんで、その4人の中でベルトを争えるっていうのは嬉しいというか武者震いが止まらないんで、早く明日になって試合がしたいです」と、一回戦で試合をしていないだけに、はやる気持ちを押さえきれない様子だった。

 準決勝のもう1試合は山本と横山の対戦だ。一回戦では山本が伊藤健人をカーフッキックでKO、横山は松本涼雅をフック3連打によるKOと、それぞれ持ち味を出してのKOによる勝ち上がりだった。石川さんも、「山本選手は相手の攻撃を見切る抜群の技術を持っています。横山選手は抜群のトップスピードの攻撃力を持っています。どちらが相手の技術を上回って優勝にリーチをかけるか? 判定決着が想像出来ない準決勝になると思います」と評する注目カードだ。

 その石川さんから「試合中の成長と覚醒を見せてくれました」と評価された山本は、「試合内容もKOはもちろんなんですけど、3R以内でも必ず勝つし、延長でも必ず自分が勝つし、面白い試合になっても自分が必ず勝ちます」と、どんな局面になろうと自分が勝つと固く誓う。

 キャリア的にも年齢的にもベテランと呼ばれる段階に入ってきただけにベルトへの想いは強い。「やっと明日ベルトを巻けるチャンスをいただいているので、ベルトを巻くっていうのは自分の自己満なんですけど、たくさん応援してくれてる方、支えてくれてる方のおかげでこうやってリングに上がれているので、それを少しでも恩返し出来ればっていう気持ちでいます」と、長年支えてきてくれた人たちに報いるためにもベルト戴冠を約束していた。

 対する横山は「ド迫力のパンチによるKO勝利で優勝候補と呼ばれるに相応しい試合見せてくれました」という石川さんの言葉通り、トーナメント優勝の大本命としての実力を見せつけての一回戦突破だった。「明日は普段の練習した通りにやれば僕が優勝すると思うんで、全試合KOで勝って、僕がチャンピオンになります」と自信たっぷりのコメントをした横山。「山本選手、仕上がってるなと思いましたし、この試合に向けて最後じゃないですけど、ここでラストチャンスだぞという意思が見えたので、僕はそこを壊してこれから僕の時代にするよっていうことで山本選手を倒します」と、山本のベルト奪取への執念の破壊を宣言。

 そして、「4選手とも完璧に仕上げてきていると思うんで、そこで一番輝いて、一番カッコいい男になりたいです」と、スーパー・フェザー級の頂点に立つことを力強く誓っていた。

中島千博
「明日はこの4選手の誰かがチャンピオンになると思うんですけど、みんな凄いしっかり練習してきて、今まで以上に全員が一番強いと思うので、その試合の中で誰が一番強いかを見ていただけたらと思います。(計量時に向かい合ってみての相手の印象は?)友尊選手は今にも襲いかかってきそうな勢いをしていたので、明日はその勢いに飲まれないようにしたいと思います。(ワンデートーナメントを勝ち抜くために意識して取り組んできたことは?)全部を向上させてたのはもちろんなんですけど、一番は何があってもどんな場面でもそれに臨機応変に対応出来るようにということを意識してやってきました。

(ベルトへの想いは?)今まで遠目に見てたんですけど、その時は綺麗で凄いなって思ってたんですけど、本当に近くで見ると傷がたくさんあって、いろんな方が築いてきたんだなと思っているので、僕もその一人になれたらなと思います。(練習している時にこの日に向かって一番強く思ったことは?)一番は自分が勝てたらと思ってたんですけど、夢に向かってKrushのベルト、K-1のベルトっていうその道をしっかりいつも自分で強く思っていました。

(1日2試合ということに関してはどれぐらいの意識を持っている?)トーナメントっていうのは空手時代にいつもやっていたのでそんなに不安とかはないです。しっかり一人ひとりに勝つっていうことが一番かなと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)本当に一人ひとりが自分を持っていて、このキックのスーパー・フェザー級トーナメント、誰が優勝するんだろうって、まあ自分が優勝するつもりですけど、自分が他の目線から見たら本当に分からないトーナメントだと思うので、明日早く試合をしたいなと思っています。応援よろしくお願いします」

友尊
「ありきたりですけど、優勝します。(計量時に向かい合ってみての相手の印象は?)中島選手の印象は結構鼻が曲がってるんだなと思いしたね。(ワンデートーナメントを勝ち抜くために意識して取り組んできたことは?)自分は練習に関しては今までと同じですね。イメージトレーニングをずっとしてきたんで、それが一番大きいですかね。

(ベルトへの想いは?)意外と細かい傷があって、やっぱ歴史があんだなって思います。(練習している時にこの日に向かって一番強く思ったことは?)自分が自分を信じられる日々のトレーニングであったりとか生活であったりを積み重ねていくことをずっと意識していました。

(1日2試合ということに関してはどれぐらいの意識を持っている?)自分もみんなとあんま変わんないんですけど、トーナメントという意識よりもワンマッチを1日2回やるという気持ちでやります。(ファンの皆さんへのメッセージは?)自分はやっぱ山本くんとは違って自分のためだけにベルトを獲りに来ているし、4人とも凄えかけてて、モチベーションも凄く高くて仕上がってるようなんで、その4人の中でベルトを争えるっていうのは嬉しいというか武者震いが止まらないんで、早く明日になって試合がしたいです。応援よろしくお願いします」

山本直樹
「優弥道場の山本直樹です。体調もバッチリで、明日は2回勝ってチャンピオンベルトを巻きます。試合内容もKOはもちろんなんですけど、3R以内でも必ず勝つし、延長でも必ず自分が勝つし、面白い試合になっても自分が必ず勝ちます。よろしくお願いします。(計量時に向かい合ってみての相手の印象は?)やっぱり横山選手、いい目をしていました。自分でも若いっていうかベテランでも自分はある…まあ自分ではそう思ってないですけどベテランなんで、その壁を必ずぶつけて自分が勝ちます。

(ワンデートーナメントを勝ち抜くために意識して取り組んできたことは?)自分はほぼ毎日追い込みって感じだったんですけど、1日1日しっかり天を作って、勝つためにどうやったらいいかっていうのを自分の中でしっかり考えて、チャンピオンになることだけを考えて練習してきました。(ベルトへの想いは?)自分もプロデビューしてからずっと狙っているベルトなんで、見た印象はカッコいいなっていう感じです。

(練習している時にこの日に向かって一番強く思ったことは?)自分はベルトを巻いたらとか先のことは巻かないと分からないし、巻いた者にしか分からないことが必ずあるんで、まずどうやったら巻けるか、どういう人間になったらベルトを巻けるかっていうことは毎日考えてました。

(1日2試合ということに関してはどれぐらいの意識を持っている?)自分は1日で2試合することは初めてなんですけど、まず横山選手に勝って、その後はどっちが決勝に上がってくるとか、そういうことはあんまり考えてなくて、どっちが勝っても気持ちでは必ず負けないし、気持ちで勝って必ず自分がベルトを巻くことを考えています。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)自分はたくさんのチャンスをいただいているんですけど、なかなか結果を出せずに長々とやってしまっています。やっと明日ベルトを巻けるチャンスをいただいているので、ベルトを巻くっていうのは自分の自己満なんですけど、たくさん応援してくれてる方、支えてくれてる方のおかげでこうやってリングに上がれているので、それを少しでも恩返し出来ればっていう気持ちでいます。自分は最終的には自己満で巻きたいんで、明日は必ずベルトを巻きます。応援よろしくお願いします」

横山朋哉
「明日は普段の練習した通りにやれば僕が優勝すると思うんで、全試合KOで勝って、僕がチャンピオンになります。(計量時に向かい合ってみての相手の印象は?)山本選手、仕上がってるなと思いましたし、この試合に向けて最後じゃないですけど、ここでラストチャンスだぞという意思が見えたので、僕はそこを壊してこれから僕の時代にするよっていうことで山本選手を倒します。いい構えでしたね。

(ワンデートーナメントを勝ち抜くために意識して取り組んできたことは?)意識したことは普段と練習も変わらないですけど、スタミナ面、精神面、集中力とか、後は常にチャンピオンになることを意識してきましたね。それ以外は普段と変わってないっす。(ベルトへの想いは?)早く巻きたい。それだけです。(練習している時にこの日に向かって一番強く思ったことは?)やっぱりベルトに対して一番強く思っていたし、僕は常に倒すことを意識して練習しているんで、明日は練習通りのことが出れば倒せると思うんで、常に倒すことを意識していましたね。

(1日2試合ということに関してはどれぐらいの意識を持っている?)特に意識はしてないですけど、僕は1試合1試合が大事だと思っているんで、山本選手に勝たなければ次はないと思っているので、とりあえず今は山本選手を倒すことだけを考えていましたね。その勝った先に次の試合があるんで、今は1試合1試合を大事にしています。1日2試合っていうのはあんまり考えてないですね。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)試合が決まった8月くらいからずっとチャンピオンになるって言い続けてきて、やっと明日叶うんで、ここをしっかり勝って、今からワクワクとドキドキとウキウキが止まらないんですけど、明日はスーパー・フェザー級のトーナメントが一番と言われるような大会にしたいし、4選手とも完璧に仕上げてきていると思うんで、そこで一番輝いて、一番カッコいい男になりたいです。応援よろしくお願いします」

 

選手登録