2022.06.02

 6月25日(土)国立代々木競技場第二体育館“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」。今大会に出場する選手たちを同門の先輩・後輩やジムの会長など、ゆかりのある選手たちが紹介。今回は鈴木万李弥を同門のアビラル・ヒマラヤン・チーターが語ります!

「鈴木選手は道場では先輩なんですけど、空手出身で蹴りが強くてパワーがある。気持ちも強くてタフな選手ですね。道場は女子選手がいないので、いつも男子選手と一緒に練習しているんですけど、結構バチバチにやってますね。今まではキックボクシング(ワンキャッチ・ワンアタック)や総合格闘技もやっていましたが、タフでガンガン行くスタイルなのでK-1ルールが一番合っていると思いますね。簡単に言うとファイトスタイルは僕と同じ(笑)。

(K-1に参戦してどこが変わった?)ボクシングジムに通うようになって、すごくパンチが上手くなってますね。(鈴木選手の一番の特徴は?)根性ですね。試合を見てもそうだし、僕が知る限り、どんなルール・階級の試合でも断ったことがないんですよ。そのくらい気持ちが強い選手なんで、6月の女子大会でも気持ちが入った熱い試合をしてくれると思います」

 

選手登録