2022.06.23

 6月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS」。K-1スーパー・ライト級王者・大和哲也がフライ級タイトルマッチ&初代アトム級王座決定トーナメントについて語った!

☆初代女子アトム級王座決定トーナメント
「菅原選手はリーチを生かした戦い方をするイメージ。蹴りを主体にしたテクニシャンの印象があります。松谷選手は軸がしっかりした戦い方んする印象があり、基本に忠実な戦い方をくる選手だと思います。これは1Rから目を離せない展開になりそうです。

 MIO選手はキャリアも豊富で、日本人選手の中では群を抜いた経験値の持ち主です。パヤ―フォンは蹴りを中心としたザ・ムエタイスタイルで、その中にも溢れるアグレッシブスタイルに魅力を感じます。キャリア豊富な選手同士の対戦で、K-1ルールに慣れているMIO選手が有利にも見えますが興味深い一戦です。(決勝の展開予想は?)これは難しい(笑)!正直、全選手応援しているので本当に難しい…。いずれにせよ、このメンバーでの決勝戦は削り合いになると予想します」

☆初代女子フライ級タイトルマッチ
「マンフレディ選手はラウェイや素手の試合経験があるがしれませんが、このリングはK-1のリングです。攻撃力がハンパないKANA選手がKOで締めてくれると思っています」

 

選手登録