2022.06.26

 6月26日(日)都内にて、昨日国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~」の一夜明け会見が行われた。

 日本vs世界・3対3と銘打たれた対抗戦の先鋒として、フランスのマリーヌ・ビゲイとK-1女子アトム級のワンマッチを戦った山田真子は、マリーヌを捉えきれなかったものの優勢に3Rを戦い抜き、判定3-0で見事に勝利を飾った。

 しかし、会見に現われた山田は「これからのK-1女子をみんなで作っていくにあたって、自分に何が足りないのかが凄く分かった試合だった。自分の課題っていうか目標にしていたことが出来なかったんで、自分には負けているのかなと思いました」と、試合の内容には納得していない様子。

 今後、「自分でしっかり集中してやっていかないかんなと思いました」と、さらにトレーニングに集中し研鑽していくことを誓っていた。

 試合前はこの試合で勝利し、同日に行なわれた初代K-1女子アトム級王座決定トーナメントの優勝者に挑戦するというプランを思い描いていた山田だったが、初代王者になったパヤーフォン・アユタヤファイトジムに関して、現在の自分ではまだ勝てる自信がないことを素直に告白。だが、「しっかり試合も見たし、穴は絶対あると思うんでチャレンジしたいっていうのは凄く思います」と、当面の目標に定めていくことを宣言していた。

山田真子
「昨日は応援ありがとうございました。これからのK-1女子をみんなで作っていくにあたって、自分に何が足りないのかが凄く分かった試合だったんで、これからそれをしっかり強化していこうと思いました。(注目された大会で勝って、一夜明けてどんな気分?)勝ったことは素直に嬉しいんですけど、勝負では勝ったけど、自分の課題っていうか目標にしていたことが出来なかったんで、自分には負けているのかなと思いました。

(日本vs世界の対抗戦で注目された試合だったが、周りからはどんな反響が届いた?)普通におめでとうって喜んでくれた仲間たちもいるんですけど、一緒に練習してきたトレーナーさんだったりとかとは、反省点じゃないけどしっかり話せたんで、今後練習していくにあたって、自分でしっかり集中してやっていかないかんなと思いました。

(自分で映像を見返して良かった点と悪かった点は?)まだ見てないけん分かんないです。ちょっと後でしっかり見ます。(初めて外国人選手と試合をしてどんなことを感じた?)日本と海外っていうその差は感じなかったっすね。(フィジカルの違いとかは?)感じなかったですね。最後に試合が終わって、ありがとうございましたっていう感じで挨拶する時に、普通にいつも通り日本語で話しちゃって、『えっ? え?』みたいになっちゃったんで、それはちょっと気をつけようと思います(笑)。

(これを機会に欧米人選手とドンドンやっていきたいという気持ちはある?)とりあえず昨日のアトム級のトーナメントでチャンピオンになったパヤーフォン選手は海外選手なんで、そこに絡んで行けるようにお願いします。(現時点でパヤーフォンに勝てる自信は?)ぶっちゃけないです(笑)。ないけど、しっかり試合も見たし、穴は絶対あると思うんでチャレンジしたいっていうのは凄く思います」

 

選手登録