2022.06.29

 6月29日(水)都内にて、8月11日(木・祝)に福岡国際センターで開催される「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第2弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 盛り上がりを見せるクルーザー級のワンマッチにANIMAL☆KOJIが登場。K-1 JAPAN GROUP初参戦のAKIRA Jr(アキラ・ジュニア)を迎え撃つ一戦が決定した。ANIMALは今年4月の「K’FESTA.5」で行われたK-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメントに出場。1回戦で後にトーナメント準優勝に輝いた谷川聖哉と対戦。一進一退の攻防を繰り広げるも、判定で涙を飲んだ。対するAKIRA Jrはフィリピンと日本のハーフで、関西を主戦場とする31歳。これまでRKSクルーザー級、蹴拳スーパー・ミドル級の2本のベルトを手にした。従来は70kg台で戦っていたが、より広い戦場を求め徐々に階級アップ。今回K-1 JAPAN GROUP初参戦のチャンスを得た。

 会見では「AKIRA、お前カルシウム取ってるのか?」というANIMALがバットを蹴り折るパフォーマンスを披露。「おととし11月の福岡大会でのデビュー以来テクニックも野獣度も全て増したことがバットを折って証明できた。あとはしっかり試合で示すだけ」と”酸いも甘いも感じた”という自らの成長度をアピールした。対するAKIRAが「しっかり野獣狩りをして自分の存在価値をアピールしたい」と宣言すれば、ANIMALもまた「何で倒れるかわからないけれど、1Rで必ずKOします」と圧倒的な勝利を約束した。

 所属を「TEAM ANIMAL」に変更したANIMALが新たなスタートを切るか、初参戦のAKIRA Jrがベールに隠された実力を発揮するか。K-1重量級を舞台に激しい戦いが幕を開ける。

AKIRA Jr
「今回K-1という舞台に出場できてうれしく思っています。対戦相手のANIMALは野獣という異名を持つので、しっかり野獣狩りをして倒して自分の存在価値をアピールしたいと思います。(ANIMALのパフォーマンスを含めての印象は?)変わらず。(ANIMALのパフォーマンスを見て)逆に蹴りで倒してやろうかな。(重量級に注目が集まるがどんなアピールをしたい?)重量級、色んな国内の団体あると思いますが、K-1といえば重量級というイメージは強いと思うので、昔のような面白い重量級の試合をしたいなと思います。(ファイターとしてのセールスポイント)全てですかね。試合を見てもらったら分かると思うので、楽しみに待っていてください。(ANIMALの荒々しいスタイルにどう対抗する?)変わらず。自分がやるべきことを遂行するだけです。(バナナは好きですか?何本食べます?)好きですね。1日2本くらい食べますよ」

ANIMAL☆KOJI
「俺のことを退治したい? AKIRA Jr、お前カルシウム取ってるのか?俺が見せてやるから。(バット折り失敗→バナナを2本食べる→雄叫びを上げてバットを蹴り折る)お前ちゃんと練習しないとこうなるから気をつけろよ! (蹴り倒してやろうというAKIRA Jrに対して)何で倒れるかわからないけれど、1Rで必ずKOします。(重量級に注目が集まるがどんなアピールをしたい?)K-1に来ておととし11月の福岡大会でデビューして、4戦やって酸いも甘いも感じているので、僕がK-1ファイターとしてテクニックも野獣度も全て増したことがバットを折って証明できたと思うので、あとは試合でしっかり示すだけです。(AKIRA Jrのバナナ1日2本を受けて)全然足りない!俺は毎日8~10本食べてるよ。あとカルシウム足りてない。もう顔見た瞬間にわかる。俺とやると絶対骨折れるから。絶対やってこいよ!」

 

選手登録