2016.06.15

 6月15日(水)東京・町田のK-1ジムDRAGONにて、6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-65kg世界最強決定トーナメント~」1回戦でスタニスラブ・レニタと対戦する-65kg日本代表決定トーナメント優勝・山崎秀晃が公開練習を行った。

 -65kg世界最強を決めるトーナメントまであと9日。明日で追い込み練習を終える山崎は「今は疲れが溜まっています。でもそれをクリアしつつ、自分に厳しく追い込めている。世界最強になるために順調に仕上がっています」と心身共に己を磨いてきた。

 3月の日本代表決定トーナメント優勝で「今までやってきたことが間違いじゃないと分かった」という山崎は「トーナメントで分かった反省点を修正しつつ、自分の長所を伸ばしています。技術・フィジカル両面で、強いところと弱いところが見えたので、確実にいい練習ができてパワーアップ出来ていると思います」と自らの成長を実感している。

 公開練習として行った2分1Rのシャドー・ミット打ちではその言葉通りの動きを披露。チームドラゴン渡辺雅和代表とのミット打ちでは-65kgとは思えない強烈なパンチを次々と叩き込み、改めてそのハードパンチャーぶりを見せつけた。

 一回戦で対戦するレニタは今回が初来日。決してデータが多い選手ではないが「何試合か映像を見ているうちに隙や癖、ステップや動きも見えてきたんで、そこに自分の引き出しを当てはめようと思います。試合は生き物なんで上手くいくかどうか分からないけど、臨機応変に当てはめられるかどうか。いいイメージできています」と攻略のビジョンはしっかりと見えている。

 日本代表決定トーナメントで山崎は左右田泰臣、久保優太、野杁正明の勝ち上がりを予想し、その通りのトーナメントとなった。今回は準決勝でイリアス・ブライド、決勝でゲーオ・ウィラサクレックとの対戦を予想した上で、打倒ゲーオへの熱い想いを語った。

「僕の予想では1回戦でレニタ、準決勝でイリアス、決勝でゲーオとやりたいと思います。イリアスとマセーリの試合をどちらも見ましたけど予想はイリアスかなって考えですね。ただどちらが上がってきても問題はないです。

 決勝ではゲーオと戦うことをイメージしながら練習しているし、左(サウスポー)の相手とも練習してきました。だから(決勝でゲーオを)倒すだけですね。(24日はどんな1日になる?)僕にとっても大切な一日ですし、ゲーオの-65kg最強説を崩壊させる一日になります」

 最後にファンへのメッセージを求めると山崎は「必ず優勝します」と一言だけ話し、多くを語らない姿に-65kg世界最強決定トーナメント優勝への強い意志を感じさせた。山崎のGOLDEN FISTがゲーオの新ムエタイ最強伝説に終止符を打つ!

 

選手登録