大会情報

  • 日程 2020年08月22日(土)
  • 会場 GENスポーツパレス
  • 開催日時概要

    16:00開場/17:00本戦開始

大会概要

  • 概要

    ◆主催・著作       Krush-EX実行委員会
    ◆企画・制作       株式会社M-1スポーツメディア
    ◆運 営     株式会社グッドルーザー

対戦カード

第1試合◎Krushフェザー級/3分3R


啓斗 Keito

第1試合◎Krushフェザー級/3分3R

  • ●
  • TKO
    • 2R 2分22秒
  • ×
x

井上 咲也 Inoue Sakiya

 1R、サウスポーの井上が左ミドルと左ヒザ。啓斗はインローを蹴り返して前に出る。終盤、啓斗が右ストレートで井上を下がらせる。2R、井上は距離を取りながら左ミドル。啓斗が前に出てくるところに左ヒザ、右ハイキックを狙う。啓斗の蹴りがローブローとなり、試合が一時中断。

 再開後、勢いよくパンチで前に出る啓斗だったが、飛びヒザ蹴りから着地した際に膝を負傷。そのまま立ち上がることができず、レフェリーが試合をストップ。啓斗の負傷という形で井上の勝利が告げられた。

第2試合◎Krushスーパー・バンタム級/3分3R


しの Shino

第2試合◎Krushスーパー・バンタム級/3分3R

  • ●
  • KO
    • 2R 1分21秒
  • ×
x

秋山 勝也 Akiyama Katsuya

 1R、しのが距離を取りながら右ローを蹴る。秋山は離れた間合いから蹴りを放ち、ラウンド終了間際に飛びヒザ蹴りからの右ストレートでダウンを奪う。しかし2R開始直後、しのが左フックでダウンを奪い返すと形勢逆転。たて続けにしのが左フックで2度のダウンを追加して、KO勝利を収めた。

第3試合◎Krushスーパー・ライト級/3分3R


川島 康佑 Kawashima Kosuke

第3試合◎Krushスーパー・ライト級/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 3-0

      30:28/30:28/30:27
  • ×
x

井上 修一 Inoue Shuichi

 井上はウルトラマンティガの主題歌で入場。ウルトラマンティガと同じカラーのキックパンツでリングに上がる。1R、サウスポーの川島は離れた間合いからジャブをついてパンチをまとめる。o同じくサウスポーの井上はガードを固めて左ローを蹴り返す。

 2R、変わらず強打を狙う川島だが、徐々に井上も慣れてきたのか、こつこつローを蹴り返していく。しかし3Rに入ると、川島が強烈な左ローを連発。これで井上の足を止めて、完全にペースを掴む。川島が判定勝利でデビュー戦を勝利で飾った。

■試合後の川島康佑のコメント
「練習していた足技や足(ステップ)を使うことができなかったです。何とか勝ててよかったですけど反省点ばかりでした。(対戦相手の印象は)ずっと写真しか見ていなくて、計量の時に体つきを見てイメージより太いなと思って、パワー・圧力・打たれ強さがあるかなと思いました。でも自分がやることは変わらないのでいつも通りやろうと思いました。(今後の目標は)このままでは上にい行けないし、そこらへんの選手みたいにコロコロ転がっちゃうので、自分の良いところをなくして、悪いところをなくせば、ちょっとずつ上に行けると思います。日々の練習で一個ずつ積み上げていきたいと思います」

第4試合◎Krushライト級/3分3R


羽鳥 仁 Hatori Jin

第4試合◎Krushライト級/3分3R

  • ●
  • KO
    • 1R 2分39秒
  • ×
x

田勢 ジャイル Tase Jair

 1R、じりじりとプレッシャーをかける羽鳥がコンパクトなパンチからヒザ蹴りにつなげる。田勢のミドルやヒザ蹴りにもカウンターを合わせ、パンチの打ち合いで左フック・右ストレートを当ててダウンを奪う。再開後、一気にパンチをまとめる羽鳥はボディへのバックスピンキックを突き刺し、最後は右ストレートで田勢をマットに沈めた。

■試合後の羽鳥仁のコメント
「最初相手がガンガン来ると思っていたのですが、意外と下がっていたのでチャンスだと思って1Rから仕掛けました。(対戦相手の印象は)手足が長くて距離を詰めるのが大変で、やりにくかったです。(今後の目標は)もっと上で戦えるような選手になって、最後はベルトを巻くことです」

第5試合◎Krushフェザー級/3分3R


水津 空良 Suizu Sora

第5試合◎Krushフェザー級/3分3R

  • ●

    • 脱水症状で計量不参加・不戦敗
  • ×
x

神田 賢吾 Kanda Kengo

 第5試合に出場予定だった神田だが減量中に脱水状態となりドクターストップ。水津は計量をパスしたため、試合は水津の不戦勝となった。

第6試合◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R


目黒 翔大 Meguro Shota

第6試合◎Krushスーパー・フェザー級/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 2-0

      29:28/28:28/29:28
  • ×
x

勇治 Yuji

 1R、サウスポーの目黒は右フックからインローと左ミドルにつなげる。上背とリーチで勝る勇治は右ストレートと右ミドルでプレッシャーをかける。2Rも目黒は右フックを起点に左ロー・左ミドルにつなげ、パンチを顔とボディに打ち分ける。そのまま距離が詰まると、目黒が左ストレートを打ち抜いてダウンを奪う。

 3R、ポイントでリードを許した勇治は一気に距離を詰めて右フックから連打。ボディブローを織り交ぜながら目黒を攻め込む。下がる目黒だったがミドルとローで応戦して譲らない。勇治の猛追を振り切った目黒が判定勝利を収めた。

■試合後の目黒翔大のコメント
「こういう時期に会場に応援に来てくださったみなさんありがとうございます。そしてジムのみなさんにも感謝して、これからも頑張っていきたいと思います。(対戦相手の印象は)別の団体でチャンピオンにもなっていて、頑丈でタフでいい選手でした。前回の試合は熱くなりすぎたというかスタミナの消耗が激しかったんですけど、そこまで消耗しないようにペース配分だったり、要所要所で力を入れて戦おうと思いました。どうしても打ち合いになると力が入る過ぎるところがあって、そこは反省点だと思いました。(今後の目標は)タフな相手に勝てたことは大きいですが、課題はたくさんあるので、それを潰していきながら、上の舞台で活躍できるように頑張ります」

第7試合◎-54kg契約/3分3R


倉田 永輝 Kurata Eiki

第7試合◎-54kg契約/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 0-3

      29:30/29:30/29:30
  • ×
x

壬生狼 一輝 Miburo Kazuki

 復活した「Krush-EX」のメインインベントには格闘代理戦争出身の倉田が登場。対戦相手の壬生狼(みぶろ)は九州出身のファイターで、今回がKrush初参戦。選手の負傷欠場を受けて、大会4日前に急遽参戦が決まった形での出場となる。

 1R、壬生狼はスピードを活かして足を使いながら右ロー。倉田はじりじりとプレッシャーをかけて右ストレートから左ミドル・左ハイ。壬生狼が細かいパンチをまとめていけば、倉田はヒザ蹴りのカウンターを狙う。2R、壬生狼はさらに攻撃の回転を上げ、左フックを起点にパンチをまとめて左ボディにつなげる。倉田はブロックを固めて左フックを打ち返すが、壬生狼のスピードと手数は衰えない。

 3Rも壬生狼がスピード・スタミナ・手数を活かして攻め込む。倉田も右ストレートを打ち返し、左フックの相打ちでは壬生狼の足を止める。その後もスピード・手数の壬生狼vs一発で挽回を狙う倉田という展開が続いて試合終了。緊急参戦の壬生狼が判定3-0で倉田を下し、Krushデビュー戦でインパクトを残した。

■試合後の壬生狼一輝のコメント
「今回の試合は4日前のオファーだったのですが、しっかり追い込んでいたので準備万端でした。対戦相手の倉田選手も強くて、顔を怪我してしまったのですが、次に向けて練習を頑張っていきます。(対戦相手の印象は)思っていた以上にアグレッシブで、相手の攻撃をもらったり、退いたりしてしまって、いい選手だと思いました。(今後の目標は)このままKrushで活躍して、次はK-1に出て、K-1チャンピオンになれるように頑張ります」

 

選手登録